ソフトバンクから格安SIMに乗り換え! MNP予約番号の発行方法

スポンサーリンク

ソフトバンク(softbank)から電話番号をそのままで格安SIMに乗り換えるときに必要になるのがMNP予約番号です。

今使っている電話番号をそのまま引き継いで、格安SIMで使うには必ずMNP予約番号というものが必要になります。

こちらの記事ではソフトバンク(softbank)からMNP予約番号を発行する方法(転出手続き)を詳しく説明します。

スポンサーリンク

MNP予約番号って何?

MNP予約番号とは、携帯電話を他社に乗り換えるときには必要なものです。これがないと乗り換え先で電話番号を引き継いで契約することができません。

そのため、他社に乗り換えるときはこのMNP予約番号を予め発行しておく必要がありますが、携帯会社によって、発行方法はいくつか用意されています。

MNP予約番号を発行する前に注意すること

MNP予約番号を発行する前に注意することがあります。

MNP予約番号は他社に携帯電話を乗り換える際に電話番号を引き継ぐための番号ですが、いくつか注意が必要です。

ソフトバンクの携帯電話の契約には通話ができる契約の音声回線契約とデータ通信のみができる契約のデータ回線・フォト回線契約など種類があります。このうち、MNP予約番号が発行できるのは音声回線契約のみになります。データ回線・フォト回線契約などはMNP予約番号が発行できないので注意してください。

回線契約の種類 MNP予約番号が発行できるか
音声回線契約 発行ができる
データ回線・フォト回線契約など 発行ができない

ソフトバンクのMNP予約番号を発行するには?

ソフトのMNP予約番号を発行する方法は3つあります。

ソフトバンクはドコモと違って、パソコン・スマホからではオンラインでMNP予約番号を発行することができないのでご注意ください。

  1. 電話でMNP予約番号を発行する。
  2. 店頭でMNP予約番号を発行する。
  3. MySoftBankでMNP予約番号を発行する。

それぞれの方法について詳しく説明します。

1-1. 電話でMNP予約番号発行

ソフトバンクはパソコン・スマホではオンラインでMNP予約番号が発行できないので、MNP予約番号を発行するときは電話で発行する方法がオススメです。ソフトバンクの電話サポートの人と話しながらMNP予約番号が発行できるので困ったことがあっても安心してMNP予約番号を発行できます。

電話でのMNP予約番号の発行では携帯電話の契約者本人の確認として、名前生年月日暗証番号の確認がありますので代理人が電話でMNP予約番号を発行するときは必ず、契約者本人が側にいて、本人確認できるようにしましょう。

ソフトバンク携帯電話からの場合 :*5533へ電話

一般電話からの場合 :0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00~20:00)

1-2. ソフトバンクショップ窓口でMNP予約番号発行

ソフトバンクショップの窓口でMNP予約番号を発行する方法は、一番時間がかかります。

ソフトバンクショップは割合、月末や、年末、春などの携帯ショップが忙しい時期になると待ち時間が1時間以上になることも稀にあります。

できれば、オンラインか電話でMNP予約番号を発行したいところですが、ソフトバンクショップ窓口でMNP予約番号を発行する必要がある場合は、本人確認に身分証明が必要になりますので忘れないようにしましょう。

契約者本人でなく、代理人がMNP予約番号を手続きする場合は委任状が必要になりますがソフトバンクショップによっては、本人自身が来店しないと受け付けてくれないところもあるようです。

↓こちらで委任状を準備してからソフトバンクショップに行きましょう。

ソフトバンク(softbank)の代理人・委任状手続きのまとめ
ソフトバンク(softbank)のソフトバンクショップで契約者本人が手続きにこれない場合、代理人が委任状を持っていくことで契約者本人の代わりに手続きをすることができます。代理人は原則、契約者の家族や親権者です。代理人・委任状手続きに関することをわかりやす...

1-3. MySoftBankでMNP予約番号発行

ソフトバンクのガラケーを使われている人はガラケーからMySoftBankにアクセスしてオンラインでMNP予約番号を発行することができます。パソコン、iPhone、スマートフォンの人は利用できません。

MySoftBankでの発行方法は『設定・申込』→『設定・変更』→『契約者情報の変更』→『番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き』→『番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)』からMNP予約番号の発行を申し込めます。

予約受付時間は9:00~21:30で24時間ではないのでご注意ください。

スポンサーリンク

MNP予約番号はすぐに発行されるか?

一部の格安SIM会社などではMNP予約番号の発行手続きを行うと数日後に発行されることもありますがソフトバンクのMNP予約番号は発行手続きを行うと、即時に発行されます。

電話でMNP予約番号を発行したときは、MNP予約番号をメモするなど忘れないようにしましょう。

MNP予約番号の有効期限は?

MNP予約番号の有効期限は大手キャリア、格安SIM会社など関係なく有効期限は15日間です。

有効期限は発行から15日間です。

15日間を過ぎると、MNP予約番号は無効になりますので、再度MNP予約番号の発行手続きを行いましょう。

MNP予約番号を発行しても、有効期限内に他社に乗り換えなければ解約されたりすることは一切ありません。

乗り換え前にTポイントを確認しましょう

ソフトバンクからMNP予約番号を発行して、乗り換える前にTポイントが貯まっているか確認しましょう。Tポイントの確認はMNP予約番号の発行と同じようにオンライン・電話で行うことができます。

ソフトバンクのTポイントはTカードと連携していれば、ソフトバンクの回線を解約してもTポイントを使えますのでご安心ください。Tカードと連携していなければTポイントは回線を解約すると使えなくなります。

その場合はTポイントをお手軽に使えるこちらのロハコ for Softbankなどで使い切っちゃいましょう。

切断型MNP予約番号とは?

通常のMNP予約番号の発行とはことなり、MNP予約番号の有効期限15日間が過ぎたら解約になる予約番号の発行方法があります。

通常はこのMNP予約番号の発行方法は使わないですが、乗り換え解約を前提でMNP予約番号を発行する場合に用いる手続きを『切断型MNP予約番号の発行』といいます。

通常のMNP予約番号は乗り換えを行ったタイミングで回線契約は解約になりますが、こちらの『切断型MNP予約番号の発行』は発行を行ったタイミングで解約になります。乗り換えるまでの間は電話が使えなくなるのであまり使う機会はありませんが必要なときはこういうのがあるということを知っておくとよいかもしれません。

『切断型MNP予約番号の発行』はソフトバンクショップでしか手続きができません。オンライン、電話ではこの手続きができませんのでご注意ください。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)