格安スマホって何?

スポンサーリンク

携帯電話会社と言えば大手のdocomo(ドコモ)ausoftbank(ソフトバンク)です。この大手3社をキャリアといいます。

docomo、au、softbankのキャリアは電話やインターネットの通信は自分たちの会社の回線で行っていますが、2015年以降にdocomo、au、softbankは自分たちの会社の回線を他の会社に貸し出すこと始めました。

この大手キャリアの回線を借りて、いろんな会社がdocomo、au、softbankの料金プランよりぐっとコストを抑えた料金プランを提供しています。これを格安SIMといいます。

大手キャリアの携帯電話料金より格安SIMすれば毎月の携帯電話料金が半分以下になるというので急激に利用者が増えてきています。

でも、格安SIMってどうなの?電波がつながらなかったりしないの?今より不便になるんじゃないの?という不安も多くてなかなか話で聞くけどという人も多いともいますが、当サイトではそんな人でも安心して格安SIMに乗り換えられるようになるよに分かりやすく説明する初心者向けのサイトです。

スポンサーリンク

格安スマホって何?

そもそも格安スマホって何?

スマホが安く買えるの??

と初めて格安スマホって聞くと思い浮かべてしまいますが、格安スマホとは、

「低価格なスマートフォン」「格安SIM」がセットになったものを一般的に「格安スマホ」といいます。

格安スマホの毎月の料金はキャリアのおよそ半分!

格安スマホの毎月の料金は大手キャリアのdocomo、au、softbankに比べると毎月の料金がグッと安くなります。

ドコモで「Xperia XZ SO-01J」を新規購入した場合の毎月の料金

基本プラン カケホーダイライト 1,700円
インターネット接続 spモード 300円
パケットパック データSパック(2GB) 3,500円
端末代金 分割支払額(24回) 1,107円
合計 毎月約 6,607円

※端末代のみ税込

楽天モバイルで「AQUOS SH-M04」を新規購入した場合の毎月の料金

通話オプション 5分かけ放題 850円
パケットパック 3.1GBプラン 1,600円
端末代金 分割支払額(24回) 1,341円
合計 毎月約 3,791円

※端末代のみ税込

ドコモも格安スマホの楽天モバイルもどちらも5分間の電話かけ放題、パケットパックは楽天モバイルの方がお得な容量。

格安スマホなら毎月の携帯電話料金が大手キャリアに比べて2,816円も安くなります。

スポンサーリンク

格安スマホでもスマートフォンは高性能

ドコモ「Xperia XZ SO-01J」のスペック

OS Android 6.0
CPU Qualcomm MSM8996
2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)
画面 5.2 インチ
内臓メモリ ROM 32GB/RAM 3GB
カメラ 2300 万画素
バッテリー 2900 mAh
ワン/フルセグ 対応
おサイフケータイ 対応
防水/防塵 対応

楽天モバイル「AQUOS SH-M04」のスペック

OS Android 6.0
CPU QualcommR Snapdragon 430(MSM8937)
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
画面 5.0 インチ
内臓メモリ ROM 16GB/RAM 2GB
カメラ 1310 万画素
バッテリー 2700 mAh
ワン/フルセグ 対応
おサイフケータイ 対応
防水/防塵 対応

キャリアの最新のスマートフォンに比べると格安スマホの性能が少し劣っているように見えますが最近の格安スマホの性能も格段に向上しています。使ってみるとほとんどかわらないのでスペックの違いは気にならないことがほとんどです。ハイスペックがゲームアプリでスマホを使うというわけでなければ、格安スマホで十分に使えますね。

格安スマホもワンセグフルセグおサイフケータイ防水・防塵も同じように備えてます。

このように格安スマホは全体的なスペックでは、キャリアのスマホよりやや劣りますが操作性も機能も同じレベルのものが多数出ています。

特にキャリアのスマートフォンでなければいけない理由がなければ、格安スマホで毎月の料金を抑えるのがオススメですね。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)