SMS(ショートメッセージサービス)とは?

スポンサーリンク

携帯電話でよく使われるSMS

なじみない人にとっては、SMSって聞いたことあるけどなんだっけ?となると思いますががここではSMSって何?という初心者の人にもわかりやすいようにSMSを説明します。

スポンサーリンク

SMSってなに?

Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略して

SMS

といいますが電話番号でメッセージをやり取りするための機能になります。

相手の電話番号に約70文字程度のメッセージを送ることができます。

SMSの特徴は電話番号だけでメッセージが送れるのでお手軽にメッセージのやり取りができるのが特徴で、特にメールアドレスなどは必要ではなく、相手の電話番号さえわかればメッセージを送ることができます。

大手キャリアが提供するSMSの呼び方

大手キャリアのdocomo(ドコモ)、au、ソフトバンクが提供するSMSは呼び方が少し違うので混乱しやすいですがこのように呼ばれることがあります。

  呼び方
docomo ショートメール
au Cメール
ソフトバンク SMS

これらのSMSサービスは音声通話でもデータ通信専用でもどちらでもSMSサービスを使うことができます。

スポンサーリンク

SMSで送信できる文字数

SMSは簡単にメッセージを送ることができますが、1回に送るメッセージの文字数に制限があります。

1回のSMSで送ることができる文字数は

全角70文字(半角英数字160文字)

と決まっています。docomoなどは70文字以上送信することはできますが、文字数が多い分、SMSの利用料が加算されます。

SMSの利用料金は?

SMSは基本的には有料で1回の送信ごとに3円の料金がかかります。SMSを受信する場合は無料です。特に気を付けたいのは海外への送信です。海外のSMS送信はさらに高くなって1回100円ほどかかるのでご注意ください。

docomo、au、ソフトバンクでは通話無料のプランに加入していれば、SMSの利用料は無料になります。

SMSは電話みたいなものですので、パケット通信・料金は発生しません。

SMSはデータプランに加入していなくても送信できる?

SMSは電話回線を使ったメッセージ送信サービスですので、データプランに加入していなくても送受信することができます。

例えば、docomoではspモードに未加入でも送受信できますし、auではLTE NETに未加入でも送受信できます。ソフトバンクではS!ベーシックパックに未加入でも送受信できます。

格安SIMでのSMS

格安SIMでは『音声通話SIM』であればSMSを送受信できますが、『データ専用SIM』では、SMSに対応と非対応のサービスがあります。

SMSオプションとして追加したりすることも可能ですので詳しくは格安SIM一覧をご覧下さい。 

SMSとMMSって違うの?

よく勘違いしやすいのがMMSというサービスです。

iPhoneなどでSMSを使おうとすると『MMSが設定されていません』といったメッセージをよく見かけると思いますが、MMSはSMSとは全く別物で、MMSはSMSメッセージアプリでメールアドレスを使うための機能を指します。MMS=メール機能と覚えてもらってもOKだと思います。

SMSは本人確認でも使われる

SMSは本人確認のためにもよく使われます。インターネットでの様々なサービスで会員登録をすることがあると思いますが、その際に本人かどうか確認するためにSMS認証というのがあります。

これは何かというと、SMS認証を行うと会員登録するサイトから登録した電話番号に4桁~6桁の英数字の認証コードというものがSMSで送られてきます。SMSに送られてきた認証コードとしてを会員登録するサイトに入力すれば、本人が確認できるという仕組みです。

iPhoneでSMSの使い方

iPhoneで初めからメッセージアプリが入っています。このアプリでメッセージを送受信できます。

①SMSアプリを起動します。

②SMSアプリを起動したら

図のアイコンを選びましょう。

新しくメッセージ作成できます。

③相手の電話番号を入力します。

④送りたいメッセージを入力して

送信ボタンを押せば、

すぐにSMS送れます。

 

相手からSMSが送られてきたら、このアプリでメッセージを確認することもできます。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)