ZenFone 3はここがスゴイ! スペックから特徴を紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ZenFone 3の特徴

こちらのZenFone 3は台湾のASUSから発売されているSIMフリースマートフォンです。SIMフリースマートフォンとして人気のZenFoneの最新機種です。

過去のZenFoneと比較してDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、仕事用の番号、プライベート用の番号の同時待ち受けも可能です。

また、指紋認証、超高速フォーカスカメラなど便利な機能も多く搭載しています。

ZenFone 3のスペック

  ZenFone 3
メーカー  ASUS
販売価格  39800円(税抜き)
本体カラー

 サファイアブラック パールホワイト

 OS  Android™ 6.0
 CPU  Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)
 内蔵メモリ  RAM 3GB  ROM 32GB
 カメラ  メイン1600万画素 サブ800万画素
バッテリー容量  2650mAh
ディスプレイ  1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶
Corning® Gorilla® Glass3
サイズ  146.8 ×73.9 ×7.69 mm
重さ  144 g
連続待受  約434時間(3G)約494時間(LTE)
SIMカード  SIM 1: microSIM スロット
 SIM 2: nanoSIM スロット
発売日  2016/10/7

スポンサーリンク

高級感のあるデザイン

過去のZenFoneと比較してとても高級感のあるデザインとなっております。過去のZenFoneはプラスチックを利用した筐体ですが、こちらのZenFone 3はガラスや金属を使用しています。前面、背面をガラスを使用し、フレームに金属を使用することにより過去のZenFoneにはない高級感を演出しています。

また、前面のディスプレイには2.5Dラウンドエッジのゴリラガラスを採用しています。ラウンドエッジのガラスは最近のスマホのトレンドとなっていますね。画面の端の引っ掛かりもなく操作がしやすいと思います。

超高速フォーカスカメラ

ZebFone 3には0.03秒の高速オートフォーカスが搭載されています。レーザーオートフォーカス、像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスの3つのオートフォーカスを駆使することにより0.03秒というとてつもない速度でフォーカスを合わせ写真を撮ることが出来ます。

また、ZenFone 3に搭載されている「PixelMaster3.0」の「超解像度」モードを利用することにより1600万画素のカメラで6400万画素相当の写真を撮影することが可能です。

動画も4Kという超高画質で撮影できます。

ハイスペック

ZenFone 3はSnapdragon625、メモリ3GB、キャリアアグリゲーション、USBTypeCに対応するなどSIMフリースマートフォンの中ではハイスペックな性能となっています。

ZenFone 3に採用されているCPU、Snapdragon625は64Bit対応、オクタコアです。こちらのCPUは過去にハイエンドCPUだったSnapdragon800を超える性能を持っています。普段使いはもちろん、ゲームなど処理能力を必要とするアプリも難なくこなせると思います。メモリも3GBあるので動作も軽快です。

キャリアアグリゲーションとは電波を束ねて送信することによって高速化する技術です。最近の携帯会社は電波を束ねることによって高速化を図っています。このZenFone 3はキャリアアグリゲーションに対応しているため最大300Mbpsという速度で受信」することが出来ます。外出先でも読み込みが高速であるためストレスなくYouTube等の動画サービスを利用したりWEBブラウジングすることが可能です。

ZenFone 3はau VoLTE SIMなら音声通話に対応

Zenfone 3はアップデートによりau系列の音声通話が使用できるようになりました。

SIMフリー端末ではau系列の音声通話は対応していないものが多いのですが、こちらのZenfone 3は発売当初は非対応でしたが、ファームウェアのアップデートで対応するようになりました。

au系列の回線を使用する場合の注意点は、au系列の回線では『非VoLTE SIM』と『VoLTE SIM』の2種類のSIMカードがありますが、Zenfone 3で対応したのは『VoLTE SIM』の方になります。『非VoLTE SIM』は対応してませんので注意してください。

au系列の回線で『VoLTE SIM』を使えば、通話も通信も問題なく使用できます。

VoLTE SIM はデュアルスタンバイに非対応

au系列の回線を『VoLTE SIM』を使って使用する場合は、デュアルスタンバイに非対応になります。

SIMカードを2枚挿して、デュアルスタンバイということができなくなります。

SIMカードは『VoLTE SIM』を1枚挿して、音声通話もデータ通信も1枚でするなら何の問題ありません。

ZenFone 3を買うならここがオススメ!

『ZenFone 3』はほとんどの格安SIM会社で取り扱いがあります。

楽天モバイル

格安スマホ一番人気の楽天モバイル
キャンペーンなどで50%~97%オフになることも!

MINEO(マイネオ)

格安スマホでの人気のMINEO
パケットがなくなったらフリータンクから無料で貰えてオススメ

NifMo(ニフモ)

格安スマホでも通信速度で人気のNifMo
NifMoはドコモ系の格安SIMでも通信速度が比較的速いです。
当サイトから購入すると期間限定で最大2万円キャッシュバック

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)