U-mobile(ユーモバイル)をわかりやすく解説! プランの内容から使い勝手まで詳しく解説

スポンサーリンク

U-mobile(ユーモバイル)

U-mobileはU-mobileは通信速度は普通ですが、無料のWi-FiスポットやU-mobileが運営するU-nextなどのポイントが毎月もらえるので映画や音楽で毎月ポイントを利用できるというメリットがあります。特にU-nextのポイントはイオンシネマなどの割引券に交換できたりできるので2~3か月に一本、無料で映画が見れるなどと嬉しい特典もあります。

U-mobileは動画配信サービスのU-NEXTが提供する格安SIMです。

動画配信サービスをおこなっているだけあって、外出先でも動画が楽しめるようにデータ量無制限のプランも用意されています。また、かけ放題プランでは他の格安SIMよりも通話時間が2倍の10分と他の格安SIMと比較して勝っている点が数多くあります。

今回はこのU-mobileについて詳しく紹介しようと思います。

スポンサーリンク

U-mobileの料金プラン

U-mobileには音声通話が可能な「通話もプラン」、データ通信のみが可能な「ネットだけプラン」、通話を多くする方向けの「U-mobile SUPER」、LTE使い放題の「U-mobile PREMIUM」、データ通信量25GBの「U-mobileMAX」ネットも通話も音楽も利用可能な「USEN MUSIC SIM」の5種類があります。プランが豊富で利用者のニーズに合わせたプラン選びができるのはありがたいですね。

ただ、プランを選ぶにもどのプランがどんなものなの?というのがわからないと選べないと思いますので、これらのプランをプランごとに紹介します。

通話もプラン

「通話もプラン」は月額1,580円から利用できる音声通話が可能プランです。

月額料金はデータ容量ごとに3つの料金になります。

データ容量 基本使用料
3GB 1,580円
5GB 1,980円
ダブルフィックス(~3GB) 1,480円(通信量1GB以下)~1,780円(1GB超)

ダブルフィックスは少し変則的で1か月のデータ使用量が1GB以下ならオトクになるプランですが、データ使用量が1GBを超えてしまうと3GBの月額料金よりも高くなってしまうというものです。どちらかというとそれほど値段が変わらないので1GB使わないことがあっても、万が一のときのために3GBのプランを契約しておいたほうがいいかもしれませんね。

通話もプランの通話料金は20円/30秒となっています。

SMS通信量は受信は無料、日本国内送信は1通3円、海外送信は1通100円(非課税)となっています。

「通話もプラン」のオプション

「通話もプラン」のオプションとして次のようなものがあります。

オプション 料金 内容
キャッチホン 200円 通話中にかかってきた別の電話を信号音(通話中着信音)でお知らせします。
お話し中の通話を保留にしたまま、あとからかかってきた電話を受けられます。
留守番電話 300円 電波の届かないところにいたり、携帯電話の電源を切っている場合などに、電話をかけてきた方の伝言メッセージをお預かりします。
国際電話 無料

国際電話がかけられるサービスです。
※別途通話料がかかります。

国際ローミング 無料

海外の通信事業者のサービスエリアで利用できるサービスです。
※別途通話料がかかります。

スポンサーリンク

ネットだけプラン

「ネットだけプラン」は月額680円から利用できるプランです。データ通信のみのプランなので音声通話はありません。

SMSオプションもあるためSMSの利用も可能です。

月額料金はデータ容量ごとに3つの料金になります。

データ容量 基本使用料
1GB 790円
5GB 1,480円
ダブルフィックス(~3GB) 680円(1GB以下)~900円(1GB超)

ダブルフィックスは「通話もプラン」と同じく1か月のデータ使用量が1GB以下ならオトクになるプランですが、データ使用量が1GBを超えてしまうと3GBの月額料金よりも高くなってしまうというものです。こちらも万が一のときのためにダブルフィックスより3GBのプランを契約しておいたほうがいいかもしれませんね。

SMSオプションの月額料金は150円です。SMSオプションの通信量は通話もプラン同様、受信は無料、日本国内送信は1通3円、海外送信は1通100円(非課税)となっています。

U-mobile SUPER

U-mobile Superは10分以内の通話が月300回までかけ放題のサービスです。

かけ放題サービスは格安SIM会社でも5分以内の通話が多い中、U-mobileでは10分以内の通話と5分長いです。

以外とこの5分っていうのが大事だったりするんですよね。月額1,980円(12ヶ月間)から利用できます。

楽天モバイルなどでは、データ容量が3GBの通話プランで5分かけ放題オプションを追加すると料金が2,350円になりますので、通話無料は5分で十分という人は 楽天モバイル でいいかもしれませんが、5分じゃな~と通話時間がもう少し長いほうがいいという人にはオススメのプランです。

月額料金はデータ容量ごとに3つの料金になります。

プラン 容量 基本料金
SUPER Talk S 2GB(1GB) 1,980円(2,980円)
SUPER Talk M 6GB(3GB) 2,980円(3,980円)
SUPER Talk L 12GB(7GB) 4,980円(5,980円)

初めの1年間はスーパーオトク割の適用で月のデータ量が増えて、月額料金が1,000円割引されますが12ヶ月を過ぎるとかっこ内のデータ量、基本使用料となりますので注意が必要です。

こちらで利用できるオプションは「通話もプラン」と同じオプションが利用できます。

U-mobile PREMIUM

U-mobile PREMIUM』は格安SIMでも珍しいデータ容量が使い放題のプラン。以前提供していたLTE使い放題を更に通信品質を良くした回線のプランです。

データ通信のみ 月額2,480円
データ通信+音声通話 月額2,980円

データ通信のみの回線なら月額2,480円、データ通信+音声通話なら月額2,980円で利用できます。

データの容量制限なしでデータを使い放題で利用できます。データ容量を気にせず使いたい方はこちらのプランがオススメです。

とわいえまったく無制限で使えるわけではありません、旧プランのLTE使い放題でも3日間に1~2GB程度の通信が発生するとデータ通信速度に制限がかかり、翌日は200kbpsに制限がかけられます。

3日間で1~2GBのデータ通信量というとどれくらいか想像がつかないかもしれませんが、U-nextの動画をPC用の高画質で見てしまうと2時間の映画で1~2GBを超えてしまいます。低画質なら2時間の映画が10本くらいみれますので、間違って高画質で動画を見なければ、それほど気にするデータ通信量じゃないかもしれませんね。

U-mobile MAX

データ通信のみ 月額2,380円
データ通信+音声通話 月額2,880円

U-mobileMAXはデータ通信2,380円、データ通信+音声通話2,880円で利用できるプランです。

キャリアで20GBの大容量データ量のサービスが始まりましたがそれに対抗してのサービスです。

U-mobile PREMIUMのほうがいいんじゃないの?」思う方もいるかもしれませんが、こちらのU-mobileMAXの利点は「25GBまで一切の制限がない」ところです。

U-mobile PREMIUMは「3日間で1~2GB使うと通信速度が200kbpsに低下する場合がある」という制限がありますので、一度に大容量の通信を行わなければこの制限に引っかかることはありませんが、もし引っかかってしまったらしばらく通信速度一気に落ちてしまうので、あまり使い物にならなくなってしまいます。

それに対して、U-mobile MAXではキャリアの20GBプラン同様、25GB使い切るまでは一切の制限がありません。月に25GB以上使わなければU-mobilePREMIUMよりもこちらのU-mobileMAXがオススメです。

U-mobile PREMIUMは毎日使う人向けですが、こちらは使うときは三日間で2GB以上のデータ容量を使うけど、普段は三日間で1GBくらいしか使わないという人に向いたプランになります。

USEN MUSIC SIM

USEN MUSIC SIMは「U-mobile通話プラスLTE使い放題」とUSENの「スマホでUSEN」のサービスがセットになったプランです。月額は2,980円

インターネット使い放題、音楽聴き放題なため「ネットも音楽も!」という方にオススメのSIMです。音楽を良く聴く人にはオススメのプランですね。

U-mobileの手数料

U-mobileの契約時やSIMカード変更時の手数料はこのようになっています。

新規契約手数料 3,000円
解約事務手数料※1 1,000円~12,000円(PREMIUM)
6,000円(通話プラン)
無料(データプラン)
SIM発行手数料※2 394円
SIMカード再発行 2,000円
MNP転出手数料 3,000円

※1.解約事務手数料は対象プランによって変わります。U-mobile 通話プラス3GB/5GB、U-mobile 通話プラス、U-mobile 通話プラスダブルフィックスは利用開始月から6ヶ月以内の解約で6,000円
U-mobile 通話プラスは利用開始月から6ヵ月以内の解約の場合は、解約事務手数料として9,500円、7ヵ月~12ヵ月以内の解約で3,500円の解約事務手数料が発生します。

※2.SIM発行手数料はU-mobile 通話プラス、U-mobile データ専用、U-mobile PREMIUM(無料キャンペーン中)の申込みが対象です。

U-mobileは解約時にSIMカードを返却しないと2,000円請求

U-mobileを解約するときはSIMカードを必ず所定期間内に返却しないと、2,000円のSIM損害金が請求されてしまいます。忘れずにSIMカードを返却しましょう。私は何度か返却を忘れてSIM損害金を請求されたことがあります・・・

SIMカードは自分で封筒にあて先を書いて、切手を貼って送付しなければいけません。

U-mobileから返送用封筒や返送キットなどは送られてきませんのでご注意ください。

U-mobileの返送先は

SIMカード返送先 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-3-10
田村駒東京本社ビル 5階
「U-mobile PREMIUM SIMカード回収係」
返送期日 解約の翌月15日まで必着

U-mobileを契約して、すぐにMNPした場合の手数料

U-mobileは短期解約事務手数料が他の格安SIMに比べて安いですので、大手キャリアにMNPするのにU-mobileを契約して、そこから大手キャリアのau、ソフトバンクにMNPすることがあります。

大手キャリアのau、ソフトバンクで新規に契約するよりMNPで優遇されることがありますので大手キャリアを契約するときは参考にしてみてください。

特にauにMNPするときにU-mobileを契約し、そこからMNPをするとauでMNP優遇を受けることができるので、重宝することがあります。俗にいうMNP弾と言われる使われ方ですが、その際の費用はこのようになります。

mineoのau回線を契約した例

新規契約手数料 3,000円
初月基本料金(ダブルフィックス) 1,480円
解約事務手数料 6,000円
MNP転出手数料 3,000円
合計 13,480円

合計金額は13,480円となりますので、au、ソフトバンクのMNP優遇がそれ以上ならU-mobileからMNPするためにU-mobileを契約するのもありですね。

U-mobileはドコモ系の回線なので残念ながらドコモにはMNPしてもMNP優遇を受けられないようです。

オススメポイント

U-mobileのオススメポイントは

  1. データ通信使い放題
  2. 音声通話かけ放題が他の格安SIMより長い
  3. 音楽聴き放題

の3つです。

これらのオススメポイントを項目ごとに紹介します。

①データ通信使い放題

U-mobile PREMIUMではデータ通信が使い放題です。「外出先でもデータ量を気にせず使いたい」、「音楽ストリーミングサービスや動画ストリーミングサービスを利用していてデータ量が気になる」という方にオススメです。月額料金も2,480円から利用できるのでお手頃ですね。回線品質もPREMIUMは以前より改善されて混雑する時間帯の通信速度も割と遅くならないようです。

②音声通話かけ放題が他の格安SIMより長い

音声通話かけ放題の時間が他の格安SIMより長いです。他の格安SIMがほとんどの場合、1回の通話が5分までなのに対し、U-mobileでは10分と2倍です。そのため、「1回の通話に10分はかからないけど5分では短い!」という方でも安心して利用できます。

③音楽聴き放題

USENのサービスの「スマホでUSEN」を利用することで音楽が聴き放題となります。家で音楽を聞いたり、通学、通勤中も音楽を楽しめます。「USEN MUSIC SIM」やU-mobilePREMIUMならデータ量も使い放題ですので音楽をたくさん聞いても安心です。

取り扱い端末

U-mobileでは現在10種類のスマートフォンを取り扱っています。この中からオススメの端末を4機種紹介します。

NuAns NEO

NuAns NEOはWindows mobileを搭載した日本製スマートフォンです。Windows mobikeを搭載しているため、Word、Excelなどをスマートフォン単体で編集することが可能です。また、「Continuum」という機能を利用することでパソコンのような操作感で文書を作成、編集することが可能です。値段は39,800円となっています。

ZenFone Go

ZenFone GoはASUSから発売されているスマートフォンです。価格が19,800円とコストパフォーマンスが高いです。画面サイズも5.5インチなのでスマートフォン入門としてオススメです。

Desire EYE

Desire EYEはHTCから発売されているスマートフォンです。メインカメラ、サブカメラともに1,300万画素のカメラを搭載しているため自撮りも高画質で撮影可能です。価格は52,800円となっています。

HUAWEI Mate S

Mate SはHUAWEIから発売されているスマートフォンです。最薄部2.65mmととても薄いスマートフォンです。外装にアルミを使用しており高級感のあるデザインが特徴です。指紋認証も搭載しているためロック解除も簡単ですよ。値段は79,800円となっています。

まとめ

U-mobileはデータ通信が使い放題のPREMIUMプランや、音声通話かけ放題が10分と長かったりと他の格安SIMよりも優れている点が多いです。

月額料金もお手頃であるためデータ通信使い放題の格安SIMを利用するならばU-mobileがオススメです。

また、キャリアと同等のサービス「U-mobileMAX」をキャリアと比べて破格とも言える値段で提供していますので、自分の使い方にぴったりと合う人は多いんじゃないでしょうか。

U-mobileは格安SIM会社でも安心して使える会社の一つです。

U-mobileの申し込みはこちら

U-mobileに乗り換えるには?

いま大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクを契約していて、U-mobileに乗り換えようと思っている人はこちらの記事も参考になります。

ドコモ(docomo)から格安SIMにMNP(乗り換え)! わかりやすく解説
ドコモ(docomo)は大手キャリアdocomo、au、softbankの中で一番契約者数が多いキャリアです。ここを読んでいる人もドコモユーザーの人がいるんじゃないでしょうか。ドコモユーザーは長期利用者が多く、5年、10年、それ以上と長期に利用している人が多いと思います。...
auから格安SIMにMNP(乗り換え)! わかりやすく解説
auは大手キャリアdocomoについでユーザーの多いキャリアです。根強い人気があるau、auから格安SIMに乗り換えようか迷っている人はこちらの記事を参考に乗り換えるときのイメージを掴めたらと思います。auも大手キャリアのドコモ、ソフトバンクと同じようにスマートフ...
ソフトバンクから格安SIMにMNP(乗り換え)! わかりやすく解説
ソフトバンクも大手キャリアのドコモ、auと同じようにスマートフォンの毎月の携帯電話料金は高額になりがちです。特に家族でスマホを利用している世帯などは毎月の携帯電話料金に悩まされていたりしないでしょうか?そういう人にはぜひ格安SIMに乗り換えて、毎月の携...

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)