AQUOS mini SH-M03はここがスゴイ! スペックから特徴を紹介!

スポンサーリンク

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03はスリムなボディが特徴なスマートフォンです。はやりのローズゴールドのカラーも有り、女性にもオススメできるスマートフォンです。

スポンサーリンク

AQUOS mini SH-M03の特徴

AQUOS mini SH-M03はSHARPのSIMフリースマートフォンです。

テレビでおなじみのAQUOS、画質には信頼がありますね。

ディスプレイにはSHARP開発のIGZOディスプレイを採用。

こちらのディスプレイは省電力性に優れ、タッチ感度が良いなど一般的に使用されているディスプレイよりも性能が良いとされています。

また、こちらのIGZOディスプレイは「ハイスピードIGZO」というなめらかな動きが特徴のディスプレイです。多くのスマートフォンのディスプレイはディスプレイのリフレッシュレートが60Hz(1秒間に60回画面更新)に対し、こちらのディスプレイは120Hz(1秒間に120回画面更新)なので動きの激しい動画や画面スクロール時などなめらかな動作が可能です。価格が4万円を超えるだけあってスペックも高いです。

CPUには64Bit対応のヘキサコアCPU、メモリ3GBなど普段の使用から重い3Dゲームまでこなせるスペックを持っています。ハイスピードIGZOと合わせて快適な動作となっています。

今回はこちらのAQUOS mini SH-M03について紹介します。

AQUOS mini SH-M03のスペック

  AQUOS mini SH-M03
メーカー SHARP
販売価格 49,800円
本体カラー ホワイト、レッド
OS Android 6.0
CPU QualcommR Snapdragon 808(MSM8992)1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド) ヘキサコア
内蔵メモリ RAM:3GB ROM:16GB
カメラ メイン1,310万画素 サブ500万画素
バッテリー容量 2,810mAh
ディスプレイ 約4.7インチIGZO1,080×1,920ドット フルHDS-PureLED
サイズ 約126×66×8.9mm
重さ 約120g
連続待受 LTE 約460時間 / 3G 約510時間
SIMカード nanoSIM
発売日 2016年 7月下旬

スポンサーリンク

高画質ディスプレイ

こちらのAQUOS mini SH-M03はSHARPが開発したIGZOディスプレイが搭載されています。

こちらのディスプレイは省電力性に優れており、「ハイスピードIGZO」技術により従来の液晶ディスプレイよりもなめらかな動きが可能です。

また「S-pureLED」という独自のバックライト、カラーフィルターがこれまでの液晶では難しかった微妙な色合いを忠実に表現できます。色鮮やかな写真を実物に近い形で映し出されます。

こちらのAQUOS mini SH-M03では選べる画質モードがあります。

「おススメ画質モード」

アプリによって適した画面に自動調整します。動画やゲームはより鮮やかに、カメラやアルバムは目で見た印象に近いイメージで楽しむことができます。

「ナチュラル画質モード」

色空間を国際標準規格sRGBに合わせたモードです。実物に近い色を表現するのでネットショッピングなどで実物と色が異なると言ったことが少なくなります。

「リラックス画質モード」

ディスプレイのチラつきを抑えた目に優しいモードとなっています。便利な機能として「ベールビュー」という機能があります。こちらの機能はディスプレイにカラーフィルター画像を合成して正面から以外ディスプレイを見にくくすることができます。電車やバスに乗っているときなどに覗き見を防止することができます。

グリップマジック

AQUOS mini SH-M03はグリップマジックという機能を搭載しています。

こちらの機能はスマートフォン本体側面に搭載されたセンサーによってスマートフォンを持ったときの動作が認識され様々な操作ができます。

グリップマジックでできる便利な機能は3つあります。

1つ目はボタンを押さずにも時間を確認できる機能です。グリップマジックのセンサー部分を持つことで画面がONになり、時間や通知を確認することができます。

2つ目は寝転んでも画面が回転しない機能です。スマートフォンの設定で画面の自動回転を設定しているときに普通のスマートフォンであればの転がったときに画面が回転するはずです。それで画面に向きを手動で直す方も多いかと思います。グリップマジックのセンサー部分を持っていれば画面の自動回転が有効になっていても、画面が回転しません。

3つ目は着信確認です。スマートフォンをポケットに入れてるときにグリップマジックを握ることで不在着信などが合った際にバイブレーションで知らせてくれます。

便利な機能

こちらのAQUOS mini SH-M03には便利な機能がたくさんあります。

まずは日本独自の機能です。日本独自の機能としておサイフケータイ、ワンセグがあります。

このAQUOS mini SH-M03はおサイフケータイ、ワンセグどちらの機能にも対応しています。ワンセグはちょっとしたひま時間にあると便利な機能ですね。おサイフケータイは普段利用している方も多いかと思います。おサイフケータイがあれば、通勤、通学の際もカード型のSuicaを持ち歩く必要もありませんし、コンビニなどSuica対応ショップであれば買い物もできるので便利ですね。

便利な機能として他には「Clip Now」という機能があります。

こちらの機能は画面の上のフチをなぞることでスクリーンショットを撮影できます。いちいち電源と音量のマイナスボタンを長押ししなくても良いのでスクリーンショットを楽に撮影できます。また、画面のフチを真下になぞることで画面脇に一時的に保存することも可能です。

最後になくてはならない機能があります。「防水・防塵」機能です。現在は日本国内のほとんどのスマートフォンが防水、、防塵に対応していますね。防塵機能はなくてもなんとかなりますが、防水機能は必須だと思います。万が一のこともあるので防水機能はなくてはならない機能です。

AQUOS mini SH-M03はIPX5/IPX8/IP6Xと話題のiPhone7よりも高い防水機能を持っているので安心ですね。

AQUOS mini SH-M03の対応バンド

AQUOS mini SH-M03はLTE、3G、GSMが次のバンドに対応しています。

  • LTE: Band1/3/19
  • 3G: Band1/5/6/19

LTEの対応バンドと大手キャリアの対応バンドを比較すると↓になります。

バンド
(周波数)
1
(2100)
3
(1700)
8
(900)
11
(1500)
18
(800)
19
(800)
21
(1500)
26
(800)
28
(700)
41
(2500)
SH-M03
docomo
au
WIMAX2+
ソフトバンク
AXGP

ドコモ系列の回線は問題なく通信可能!

ドコモ系列の回線にはband1、band3、band19に対応しています。

ドコモのプラチナバンドといえばband19ですので、AQUOS mini SH-M03はしっかり対応してますので問題なく通信できると思います。

au系列の回線は未対応

au系列の回線は音声通話を行うにはVoLTE対応のSIMカードを使わなければなりません。

AQUOS mini SH-M03はVoLTEに対応していませんので残念ながらau系列の回線は使えませんね。

 

AQUOS mini SH-M03のまとめ

AQUOS mini SH-M03はSHARPから発売されているスマートフォンです。

日本企業のスマートフォンですので日本独自の機能にバッチリ対応しています。他にもグリップマジックやIGZOディスプレイなど高画質なディスプレイや便利屋機能があります。ぜひ、こちらのAQUOS mini SH-M03を利用してみてはいかがでしょうか。

AQUOS mini SH-M03を買うならここがオススメ!

『AQUOS mini SH-M03』はほとんどの格安SIM会社で取り扱いがあります。

楽天モバイル

格安スマホ一番人気の楽天モバイル
キャンペーンなどで50%以上オフになることも!

MINEO(マイネオ)

格安スマホでの人気のMINEO
パケットがなくなったらフリータンクから無料で貰えてオススメ

NifMo(ニフモ)

格安スマホでも通信速度で人気のNifMo
NifMoはドコモ系の格安SIMでも通信速度が比較的速いです。
当サイトから購入すると期間限定で最大2万円キャッシュバック

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)